FAQ よくある質問

澁澤倉庫ではOJT 教育を中心に社員一人ひとりの自律的な成長をサポートするため、社員の年次やスキル、役割に合わせた様々な研修や育成のための支援を実施しています。

Q.
澁澤倉庫の強みはなんですか?
A.
明治30年3月の創業以来120余年の歴史を有し、創業者である澁澤榮一の精神に基づいた信頼性をベースとして、多くの業種の有力なお客様と取引があります。また、当社の従業員は500名程度であり、早くから第一線でご活躍していただく場を提供できる可能性も大きいと言えます。
Q.
会社説明会に、どのようにすれば参加できますか?
A.
採用ホームページからエントリーしてください。キャリタス就活からもエントリー可能です。
Q.
選考方法はどのように進むのでしょうか?
A.
説明会で筆記試験への参加申し込みをしていただきます。筆記試験は、適性検査・学力考査・英語の3種類です。筆記試験に通過された方は面接を予定しております。なお、筆記試験のみのご参加は受け付けておりませんので、ご了承ください。
Q.
説明会で提出する書類はありますか?
A.
会社説明会の際は特にありません。筆記試験の際に、「履歴書」・「自己紹介書」・「成績証明書」・「卒業見込証明証」・「健康診断証明書」を提出していただきます。提出が間に合わないものについては、後日郵送していただきます。
Q.
求める人材像はありますか?
A.
一概には言えませんが、コミュニケーション能力が不可欠です。よく「縁の下の力持ち」になりたいと学生の皆さんから志望動機として伺います。良い縁の下の力持ちであるためには、自分の考えをしっかりと、明確に周囲に伝えることが重要です。
Q.
外国語を話す頻度はどのくらいありますか?
A.
配属先によります。全く使うことのない場合や業務上外国語、特に英語が必須という場合などいろいろです。語学力を業務に活用したいという方は、日々その向上を目指してください。チャンス到来の可能性が高まります。
Q.
持っていると有利な資格はありますか?
A.
採用方針は人物重視であり、特に有利にというものはありません。最近の傾向として、通関士、英検、TOEIC、HSKなどを有している方が多く見受けられます。
Q.
OB・OGを紹介してもらえますか?
A.
まずは説明会や筆記試験に参加してください。その後の選考過程の中で、必要に応じて対応します。
Q.
業務別の採用はありますか?
A.
物流会社社員としての基礎を固めることを目的として、物流部門の営業所へ配属する方針です。人事・総務等の管理系部門へは原則として配属しておりません。物流現場を知らないとお客様のリクエストや疑問に対して適切に受け答えできないばかりか、お客様の満足を得られず、ひいては皆さんの成長に繋がらないからです。
Q.
全国に転勤する可能性がありますか?
A.
転勤は日本国内に限らず、海外の可能性もあります。入社後の業務経験を踏まえた上で転勤先が決まります。転勤先では安心して業務に打ち込めるよう、寮や社宅を用意します。
Q.
陸上運送業務の売上比率が大きいですが、配属も陸上運送業務が多いのですか?
A.
売上比率と配属人数は必ずしも一致してません。また、陸上運送業務の部署が陸運業務だけを行なっているわけではなく、倉庫業務や輸出入関連の業務を行なっている場合もあります。
Q.
不動産開発に興味があります。不動産ディベロッパーとして活躍できる機会はありますか?
A.
当社は不動産事業を主体とする会社ではありませんので、土地を仕入れて、ビルやマンションを建設し、それを販売するということはしておりません。倉庫が老朽化し、その間、都心化の進行等により倉庫立地として不適当となった場合、倉庫を解体して、ビルを建設し、賃貸をすることで所有資産の有効活用を図るために不動産事業を営んでいます。
Q.
資格取得を奨励する制度はありますか?
A.
会社の指定する一定の資格を取得された方には、奨励金をお支払いしています。
Q.
研修制度について教えて下さい。
A.
入社後1週間の新入社員研修制度があります。社会人としての基礎知識、当社概要を学習し、港湾地区見学も実施します。配属後は先輩社員による日常業務の指導があるほか、入社後半年経過した社員を対象にした物流に関する知識を補強する新人研修や入社2年目の社員を対象にした社会人としての考え方や今後のキャリアに対する考え方を討議する研修を実施しています。勤続満3年以上かつ30歳未満の社員は、1年間の海外研修の対象となります。また、年に2回(夏・冬)の通信教育により希望する講座を受講することができます。営業、経理、法律、語学、パソコンなど100種類の講座から選択します。その他、物流に関する専門知識を習得するために、社内集合研修や業界団体主催の講習会に参加することもあります。皆さんの学習意欲があれば、手段は用意されていると言えるでしょう。

ページのトップへ