どんなときでも社会のために尽くしたい。
その志が自分を動かす。

倉庫業務

T. Seto

中部支店 名古屋営業所
2018年入社 法学部政治学科卒

地元の仲間と楽しむ 
キャンプは最高です。
そのためにクルマも買いました。

入社動機を
教えてください。

就職活動では、社会貢献をキーワードに業界研究を進めました。幅広い業界を見ていく中、私は物流こそが社会生活の基盤を支えているのでは、と思うようになっていきました。私自身、表舞台に立つよりも裏方として人を支えるのが好きなタイプ。そんなことからも物流業界には共感を覚えました。その中で澁澤倉庫を選んだのは、長い歴史をもちつつも変化に柔軟に対応する“しなやかさ”をもっている点に惹かれたからです。自ら変化することを恐れなかったからこそ、長い歴史を重ねることができたといってもいいでしょう。さらに変化への対応力の表れとして、若手のうちから責任ある仕事を任される点にも魅力を感じました。少数精鋭で社員同士の距離が近く、お互いの意見が通りやすいのは、そんな澁澤倉庫ならではのカルチャーだと思います。

長い歴史、変化への対応力、若手の活躍。
そんな魅力が、澁澤倉庫入社の
決め手となりました。

仕事内容を
教えてください。

入社2年目から日用品メーカーの担当として、商品の在庫管理・出入庫・流通加工を担当しています。毎週、お客さまとのミーティングを繰り返し、生産性の向上と効率化に取り組んでいます。このミーティングには中部地区の代表者として出席しており、ここにも若手に責任ある仕事を任せる姿勢が反映されています。私の仕事の使命の重さを感じたのは、河川が氾濫して道路が寸断されたときでした。お客さまから「被災地へ救援物資を届けられるだろうか」と相談された私は「行きます!」と即答。大型車両は通行できないので小型車両を手配し、無事に届けることができました。もちろん当たり前のことをしたまでだと思っています。それでもコロナ禍で高速道路の表示板に「物流業界の皆さん、ありがとう」というメッセージが流されたとき、裏方ではあってもちゃんと見てくれている人もいるんだと、胸を熱くしたものでした。

どんなときでもお客さまの商品をお預かりし、
確実にお届けする。
社会を支えている使命感が、
そのモチベーション。

将来の夢は
何ですか。

当面は現在の倉庫業務で経験を積み、お客さまのニーズに的確にお応えしていきたいと考えています。改善を重ねて、生産性を上げていくことも目標の一つです。生産性が上がれば当社の利益に結びつき、お客さまにとってのメリットにもつながるでしょう。こうした経験を活かして、将来は自分の力でお客さまのニーズを見つけ出し、新規の受注へと結びつけることにも挑戦したいと思います。その点で目標にしているのが上司です。上司は幅広い人脈とコミュニケーション力を発揮して顧客開拓に大きな実績を重ねており、私はその背中を追いかけて自分を磨いていきたいと考えています。また陸上での物流に関する知識を身につけたら、海上の物流にも取り組んでみたいと思います。これからも最前線を駆け抜けていきます。

社会を支えるために、物流の現場で自分を磨きたい。
チャレンジはまだ始まったばかりです。

PERSON

ページのトップへ