倉庫の機能は決して止めない。
それが私の社会貢献。

倉庫業務

K. Matsuhashi

広域営業部 京葉配送営業所
2017年入社 経営学部経営学科卒

現在の勤務地は私の出身地。
物流を通じ地域に貢献する 
喜びをリアルに感じています。

入社動機を
教えてください。

人を支え、社会のために尽くす仕事がしたいと思っていました。惹かれたのは、物流業界。“縁の下の力持ち”という言葉にふさわしいやりがいが得られると思ったのです。同時に考えたのが“会社選びは人選び”ということでした。どこで働くかも大切ですが、誰と働くかはもっと大切だと感じたのです。こうしたことから選んだのが澁澤倉庫。自社で倉庫を保有し、陸・海・空で物流に携わっていることで、社会に不可欠な貢献をしていると感じました。また出会った先輩社員は、穏やかで誠実な人ばかりでした。人当たりがよくて、一緒に働きたいと思える方がそろっていました。何よりも歴史のある会社で、堅実な経営を続けてきたという点には強く惹かれました。私自身、地に足のついた堅実な生き方を大切にするタイプです。ここなら納得のいく会社人生を送れるだろうと確信し、入社を決めました。

社会貢献度の高い企業で、
人々のために尽くしたい。
そんな人生観にフィットした
企業に出会うことができました。

どんな仕事を
担当していますか。

入社以来千葉県内の倉庫で倉庫業務に携わっています。現在の仕事は大手飲料メーカーの在庫管理を担当。お客さまから配送されてきた商品の在庫をリアルタイムで管理し、必要に応じて他社の倉庫も借りながら適切な在庫がキープできるようにしています。配送のトラックが道路で待機列をつくると地域の皆さんの迷惑になるので、入庫時間にも気を配るようにしています。飲料の特徴は季節変動の激しさです。特に印象に残っているのは台風被害の時です。大型台風の上陸に備えて飲料を買い求める人が増え、おかげで倉庫での入出庫も通常の数倍にふくれあがりました。まさにてんてこ舞いの状況でしたが、なんとか混乱なく業務を続けられました。結果として必要としているお店に滞りなく飲料をお届けでき、社会を支えることに貢献できたと実感しました。私たちの仕事が止まるということは、人々の手に商品がわたらないということです。まさに“縁の下の力持ち”であることが、仕事のやりがいです。

必要される商品を、
滞ることなく送り届けるために。
社会のために、私たちが止まることは
あってはならないのです。

現在はどんなテーマに
取り組んでいますか。

倉庫での在庫の状況は、システムによって管理されています。現在私は、このシステムをリニューアルするプロジェクトに参加。新システムの開発に取り組んでいます。私は最前線でシステムを使っているユーザーとしての立場で要件定義に携わっており、タブレットの活用など、より使いやすいシステムとするための提案を行っています。より使いやすく、効率的に業務を行えるシステムの実現に貢献することが当面のミッションです。その後はこれまで経験したことを土台として、他の業務に携わってみたいと考えています。海や空の輸送にも興味がありますし、経営の基盤に携われる管理系の業務も視野に入っています。このように活躍のフィールドの広いことは澁澤倉庫ならではの面白みの一つ。さまざまな挑戦ができるのです。

可能性は無限だから、あらゆることに挑戦してみたい。
それがいっそうの社会貢献につながる。

PERSON

ページのトップへ