商品を預かり、送り出す。
倉庫はまさに物流の最前線。

倉庫業務

N. Sonoda

横浜支店 大黒営業所
2015年入社 商学部商学科卒

横浜にはおいしいラーメン屋さんが 
たくさんあります。
食べ歩きは休日の楽しみの一つです。

入社動機を
教えてください。

“SHIBUSAWA”の響きのカッコよさに惹かれたことが、そもそものきっかけでした。私は横浜出身なので、地元で働けるのでは、と思ったことも応募の理由になりました。決定的な決め手となったのは、最終面接でのこと。役員の方にお目にかかったところ、穏やかな人柄でとても話しやすく、落ち着いた雰囲気の中で自分の“素”を出せたのです。そのとき感じた居心地のよさが、入社動機につながりました。実は祖父母に「澁澤倉庫という会社の内定をもらったよ」と報告したところ、祖母が昔働いていた会社が澁澤倉庫と取引があったそうです。「とてもいい会社だったから、孫が内定したなんて嬉しい」と祖母は大喜びでした。そんな縁のあったことを知り、改めてこの会社に決めてよかったと思いました。

落ち着いて働ける雰囲気に惹かれました。
澁澤倉庫とは不思議な縁があったことを、
嬉しく思っています。

どんな仕事を
担当していますか?

私の担当は、玩具メーカーの倉庫業務です。海外の工場から船に乗って港に着いた玩具はこの倉庫に運び込まれ、私が窓口としてその入出庫作業を行います。出荷時には検品作業のほか、流通加工と呼ばれる作業も行います。これはメーカーの依頼に基づいて限定キットの詰め合わせを行ったり、日本語の説明ラベルを貼ったりといった作業のこと。玩具ですから入出庫はクリスマスシーズンに集中し、その際の作業は多忙を極めます。協力会社と連携して進めていくのですが、スケジュールに追われることのないよう、早めにお客さまに連絡して準備するようにしています。どんなに厳しいスケジュールでも決して断らないのが、私のモットーです。作業の際は常に振り返りと改善を行い、私なりにPDCAを回すようにしています。出荷された玩具は全国へと運ばれていき、ふとした時にデパートなどで見かけることも。その光景は、私の心を温かくしてくれます。

お客さまの依頼には全力で応える。
それが商品をお預かりする
倉庫のプロである私の信条です。

職場の雰囲気は
いかがですか。

私の勤務する大黒営業所は、横浜港湾の大黒ふ頭にあります。内定時に見学した際、横浜ベイブリッジの足もとにこんなにスケールの大きな倉庫があったなんてと、驚いたものでした。ここで私は、入社以来倉庫業務を担当しています。両親は「倉庫の仕事なんて大丈夫?」と心配していましたが、私はむしろ「倉庫の仕事って面白そう」とワクワクしていました。もちろん案ずることは何もありませんでした。職場ではすぐに溶け込むことができ、今もお互いに困ったときは助け合いながら仕事をしています。私は結婚しており、この先子どもができても澁澤倉庫で働き続けたいと考えています。これまでの現場での経験を活かして、システム開発の仕事などにも挑戦してみたいですね。

港のそばで物流を支える。このスケールの大きさが、
仕事のダイナミックさにつながっています。

PERSON

ページのトップへ