IR情報

経営方針

CHALLENGE,CREATE,COOPERATE ~すべてはお客様のために~

わたくしたちは、有形・無形のサービスをとおして、社会の健全な発展と人々の安心・快適な暮しを支えます。

経営理念

  1. 「お客様第一」、「現場第一」、「安全第一」を貫徹し、お客様や社会から確かな信頼を得られる企業であり続けます。
  2. 創意と工夫を凝らし、優れたサービスを提供することによりお客様とともに成長し、コスト優位を確立して企業価値の増大をめざします。
  3. 透明性の高い経営を遂行するとともに、法令遵守・環境負荷軽減を徹底し、企業の社会的責任を全うします。
  4. チャレンジ精神と創造性に溢れ、協調性に富んだ企業風土を作ります。

中期経営計画

澁澤グループ中期経営計画「Step Up 2019」について

当社は、2017年5月12日(金)に澁澤グループ中期経営計画「Step Up 2019」を発表いたしました。

澁澤グループ中期経営計画「Step Up 2019」の策定について

澁澤グループ中期経営計画「Step Up 2019」

中期経営計画「Step Up 2019」の概要

日本経済は緩やかな回復の一方で労働需給の逼迫が進み、海外においては経済のグローバル化の進展とそれに対する批判の高まりなど、当社を取り巻く事業環境は引続き大きな変化が予想されます。当社として、これら事業環境の変化に的確に対応し、収益力を高め、経営基盤をより一層強固なものとするため、2019年度を最終年度とする3ヵ年の中期経営計画「Step Up 2019」を策定いたしました。

基本方針

創業120周年の節目の年を越え、次なる10年へのスタートにあたり、当社の企業理念である「チャレンジ・クリエイト・コオペレイト」の原点に今一度立ち返り、将来の飛躍に向けた新しい取組みへの挑戦を通じて、収益力向上と成長力強化を果たし、特色ある物流企業としての地位を確固たるものにすることを目指します。

事業戦略
国内物流事業における消費財物流の拡充と高付加価値業務の拡大

前中期経営計画で進展のあった消費財向け物流センター運営について、戦略的な拠点拡充を進めることで更に競争力を強化するとともに、流通加工等付加価値の高い業務の一層の拡大を目指します。

海外物流事業における中長期の成長に向けた事業基盤の強化

中国、東南アジアにおける既存海外拠点での収益モデルを確立し、日本と現地の一体となった営業推進体制により現地国内物流など業容の拡大を進め、競争力のあるサービスの拡充により、より安定的に収益、利益が拡大出来る体制を構築して行きます。

不動産事業における資産価値向上と収益基盤の強化

保有資産の適切なメンテナンスと高品質なビル管理サービスの提供により、既存の賃貸用不動産の資産価値向上を図るとともに、将来の新規資産の取得も視野に入れ、テナントのニーズに的確に対応し、収益基盤の強化を目指します。

経営基盤の強化促進

前中期経営計画で改善のあった財務体質の一層の強化に努めるとともに、コンプライアンスの徹底やコーポレートガバナンスの強化により公正性、透明性、機動性の高い経営を実現します。また、長期的な視野に立った人材の育成および人材の有効活用により、経営基盤の強化を図り、株主利益の向上を目指します。

業績目標

本中期経営計画は、2017年度を開始年度、2019年度を最終年度とする3ヵ年計画とします。

2019年度の連結業績として、次の数値目標を達成します。

営業収益 670億円
営業利益   40億円
経常利益   40億円
営業利益率     6.0%

参考:2016年度実績との比較

  2019年度 2016年度 2016年度比(増減額) 2016年度比(増減率)
営業収益 670億円 580億円 +90億円  +15.5%
営業利益   40億円   34.0億円   +6.0億円  +17.6%
経常利益   40億円   34.1億円   +5.9億円   +17.3%
営業利益率     6.0%     5.9%   +0.1ポイント    ―

※ 2016年度は2017年3月期決算数字